2008年09月03日

Google Chrome β版ダウンロード開始

昨夕速報でお伝えしたGoogle謹製ウェブブラウザ”Google Chrome”のダウンロードが開始されました。といってもfor Windowsのみのリリース。
しかもβ版でMacとLinux環境ではまだお預けのようであります。

有害サイトへのセキュリティ対策を高め、レンダリングエンジンはSafariでも使われているWebkit、JavaScriptエンジンはV8を採用しJavaScriptの実行速度が上昇しており、OperaのSpeed Dial機能でウェブ巡回をしやすくなっているという情報が、現時点では漏れ伝わってきています。

『グーグル・クローム』正式にリリースされた後はかなりの乗換え組が出そうな予感がしますね。


Googleブラウザ「Chrome」、ダウンロード開始

 Googleがオープンソースのウェブブラウザ「Google Chrome」ベータ版を公開した。

 当初サポートするOSはWindows XPとVista。英語や日本語など40以上の言語に対応した。Mac版とLinux版も開発中だという。
posted by media_aidem at 08:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2008年09月02日

Google謹製ウェブブラウザ”Google Chrome”近日公開!

Firefoxのバージョンが2.xから3.xへとアップしました。
いろいろなウェブサイトやブログを見てまわる作業は快適になってはいるけれど、起動に時間がかかったりまだ一部アドオンのアップデートが間に合っていなかったりして、筆者はメインに使っているLinuxの環境ではFirefox2.xのまま利用しています。

長年利用しているFirefoxに飽きたというわけでもないのですが、近頃はX-WindowシステムとのマッチングがうまくとれているEpiphanyや、SNSやブログ作成に特化していると言われるFlockなど別のウェブブラウザを試しています。

自分の中ではfirefoxの牙城をEpiphanyもFlockも崩せていないといったところへついにGoogle謹製のウェブブラウザが登場する模様。Googleのサービスといえばマルチプラットフォームであることは標準です。BloggerにしてもGMailにしてもGoogle系のサービスは直感的に使いやすいと筆者は感じていることもあり、Google Chromeにはかなり期待を寄せつつ、リリースを待ちたいと考えています。


Google、ついに自社ブランドのブラウザ「Google Chrome」を公開へ

Googleは近いうちに最新ブラウザ「Google Chrome」を公開する予定であるそうです。

「Google Chrome」はAppleの「Safari」で用いられている「Webkit」というレンダリングエンジンを採用しており、Webアプリケーションをオフライン状態でも使うことができる環境をブラウザに付与する技術「Google’s Gears project」にも対応しているとのこと。

また、オープンソースの「V8」と呼ばれるJavaScriptエンジンによってJavaScriptの実行速度が上昇しているほか、従来のタブブラウザと異なり、タブの位置がアドレスバーの上になるそうです。

そしてOperaの「Speed Dial」機能のように、最も訪れることの多い9つのページをサムネイルで表示、すぐさまアクセスできる機能や「Internet Explorer 8」に搭載される予定の閲覧履歴を残さないプライバシー機能を備えるほか、マルウェアやフィッシングサイトに対抗するために絶えず有害サイトのリストをダウンロードすることで、セキュリティの強化も図るとしています。
タグ:Google Chrome
posted by media_aidem at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2008年08月29日

消費者が賢くなったことに気づかない稚拙な理論

インターネットが浸透してモノの買い方が変わりました。
どうしても欲しいモノなら価格帯や最安値を検索するし、買おうかどうしようか迷っているならば口コミ情報を調べてみるなど、売る側の発する一方的な宣伝だけには踊らされなくなっている。そんな風には考えないんですね。将来に対する不安、低い上昇志向、固定化された人間関係、漠然とした結婚意識、インターネットへの依存非常に後ろ向きな分析結果にちょっと笑ってしまいました。

売る側の煽りはもう通用しません。買う商品の品質には厳しくチェックを入れます。無駄に高くも買いません。若者に限らず、購買層はこのように変化してきています。たとえ背中押されても、買わないときは買わないんですから。


若者がモノを買わない理由--インターネット依存、低い上昇志向・・・

 若者層のマーケティング調査機関であるM1・F1総研は8月28日、首都圏在住のM1(男性20歳〜34歳)、F1(女性20歳〜34歳)層の消費行動に関する調査レポート「若者がモノを買わない要因の考察と消費を促す方法論」(PDFファイル)を発表した。

 レポートによれば、若者がモノを買わない要因として「将来に対する不安」、「低い上昇志向」、「固定化された人間関係」、「漠然とした結婚意識」、「インターネットへの依存」の5つがあるという。

 M1・F1総研はこれらの要因が下記のように「貯蓄志向」、「いいモノへの欲求」、「他人に触発されてモノを買う経験」、「今やりたいことをやる意識」に影響を与え、結果として消費の低下につながっていると分析している。

* 将来に対する不安→将来に不安を抱いているM1、F1は、貯蓄志向が高い。したがって消費力は低い。
* 低い上昇志向→上昇志向を持たないM1、F1は、いいモノを欲しいという欲求が低い。したがって消費力は低い。
* 固定化された人間関係→交友関係の開拓意欲が低いM1、F1 は、他人に触発されてモノを買う経験が少ない。したがって消費力は低い。
* 漠然とした結婚意識→結婚想定時期が遠いM1、F1は、今やりたいことをやっておきたい意識が低い。したがって消費力は低い。
* インターネット利用時間
<M1層>→インターネット利用時間が長いM1は、情報が多すぎて調べるのが面倒になり、購入を中止した経験が多い。したがって消費力は低い。

<独身F1層>→インターネット利用時間が長い独身F1は、ネットで調べている間に、何を買ってよいかわからなくなった経験が多い。したがって消費力は総じて低い傾向。

 レポートでは、若者に積極的に消費してもらうためのアプローチとして、購買へのためらいを払拭するための“背中の一押し”や“先送りはできないと”思わせることが効果的で、さらに機能訴求よりも“素晴らしい自分”イメージを想起させることが有効であると考察している。
タグ:M1・F1総研
posted by media_aidem at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。