2008年08月20日

CanonicalがLinux Foundationに加盟

ディストリビュータが派生増殖しすぎたせいか、それぞれの位置関係が一般の目からではきちんと見えていないように感じますね。

筆者はPCとMacで日本語に対応したのが割と早く、とり回しがしやすいVine Linuxを使わせてもらっていますが、実はVine Linuxの実態もあまりよく知らないというのが現状だったりします。

近頃のLinuxはインストールする環境にハイスペックを要求するようになってきました。古いマシンのリサイクルというポジションではなくなってきています。個人的にはこの点もなんとなくさみしい気が。


「Ubuntu」のCanonical、Linux Foundationに加盟

 Linuxベースのオペレーティングシステム(OS)である「Ubuntu」を提供するCanonicalが、Linux Foundationに加盟した。

 Ubuntuコミュニティーのメンバーはすでに、「Linux Standard Base」「Desktop Architects」「Driver Backporting」などのLinux Foundationの作業グループに参加している。Canonicalの創設者であるMark Shuttleworth氏は、2007年初頭からLinux Foundationの役員を務めてきた。

 Linuxの普及を促進するために2007年1月に結成されたLinux Foundationは、米国時間8月18日にCanonicalの正式加盟を発表した。Linux FoundationのエグゼクティブディレクターであるJim Zemlin氏は、Canonicalの加盟を歓迎した。

 「CanonicalはLinux Foundationの重要な新会員だ。Linuxを次の成長段階に進めるにあたって、Canonicalとさらに緊密に協力できることは、われわれにとって極めて喜ばしい」(Zemlin氏)

 オープンソースアナリストのJay Layman氏は、CanonicalのLinux Foundation加盟で唯一意外なのは、「(同社が)最も人気の高いデスクトップ向けLinuxの開発とディストリビューションを監督する」立場にあるのに「今まで加盟していなかった」ことだ、とブログに投稿している。

 Layman氏は、Linux Foundationのシルバー会員として、CanonicalはRed Hatと同じ立場になるだろうと書いている。Novell、HP、Intel、IBM、Oracle、Google、Cisco Systemsなどは、プラチナ会員かゴールド会員だ。だが、Canonicalの創設者であるShuttleworth氏がLinux Foundationの役員であることから、同氏がCanonicalの立場で参加する場合、Red HatはLinux Foundation内における自社の格を引き上げようとするかもしれない、とLayman氏は推測している。

 Red Hatの広報担当者にコメントを求めたが、記事執筆時点まで回答はなかった。

 Linux Foundationは、Linuxを世界中で普及させる取り組みのほか、Linus Torvalds氏が率いるLinuxカーネルのプロジェクトも支援している。
タグ:ubuntu
posted by media_aidem at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2008年08月13日

ロースペック対応 「Lunascape 4 Lite」がリリース!

ルナスケープ
の対応OSは、Windows 98SE/Me/2000/XP/Vista。発売元のマイクロソフトさえ切り捨ててしまった10年前のOSさえもカバーしている点は評価できますね。

会計ソフトがインストールしてあって、近頃はもっぱら会計処理用としてしか使ってないWindows98SE搭載のノートパソコンがあるので、ひとつインストールしてみようかななんて考えています。

今ではロースペック扱いですが、発売当時は先端だったわけで、大切に使っているマシンを「あの頃」のように使ってみるのも楽しいかも。


普通のインターネットに飽きた方に…

「Lunascape」で新しいウェブ体験を


Lunascape、低スペックマシン向けの新ブラウザなどを提供開始

 Lunascapeは8月12日、タブブラウザLunascapeの低スペックPC対応版である「Lunascape 4 Lite」と、設定をUSBメモリなど外部記憶装置で持ち運びできる「Lunascape 4 Pocket」の提供を開始した。

 Lunascapeでは2006年2月、今回公開された2種類のブラウザの前バージョンを公開しており、Liteシリーズでは50万回以上のダウンロード実績があるという。

 今回発表された両ブラウザでは、閲覧中のウェブサイトに問題が発生してもタブを閉じることでブラウザ自体の強制終了を回避できる「クラッシュ防止機能」など新機能を追加した。さらに、前バージョンまでにあった不具合を修正している。
posted by media_aidem at 05:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2008年08月07日

Firefox3.1ベータ版もうすぐリリース!

Firefox 3がリリースされて2ヶ月、早くもバージョンアップの動きがみられます。

ニュースによりますと、この19日にはベータ版がお目見えする予定。
アドオンの対応の関係でLinux環境ではまだFirefox 2を利用している筆者としては、そんなに先に行かないでとちょっとだけ悲痛な叫び。

そして注目はHTML5のサポート。
Web2.0を見据えた動画や楽曲ファイルの読み込みをタグで指定できちゃったりするんですね。そうするとFlashももう不要になって、いっそう処理速度が軽いページが登場するかも。実際にはHTML5の登場までまだ2年以上ありますが、それまでにウェブブラウザが対応していないとお話になりませんからね。


「Firefox 3.1」ベータ版リリースは8月19日を目標に--「HTML5」をサポート

 「Firefox」の開発者は、8月に次のバージョンのベータ版を公開するという目標に向け、作業に取り組んでいる。

 「MozillaWiki」に掲載された開発スケジュールによれば、Firefoxのプロジェクトチームは、新版の仕様を凍結(フリーズ)して、「Firefox 3.1」のベータテスト版を公開する目標期日を米国時間8月19日と定めたという。しかし、この開発スケジュールでは、8月19日という日付が見込みである旨も注記されている。

 MozillaWiki掲載の機能一覧によれば、Firefox 3.1では、オープンソースのオーディオコーデック「Ogg Vorbis」およびビデオコーデック「Ogg Theora」に対するネイティブサポートが追加される見通しだ。また、新版ではこのほかに「HTML5」がサポートされるもようで、これにより Firefox 3.1では音声および動画のhtmlタグが機能するようになる。

 開発者のChris Double氏は、自身のブログに次のように書いている。「バックエンドをメインのMozillaのソースコードに組み込む作業に取り組んできて、今回デフォルトで使用可能になった。今回初めて組み込んだが、これはまだ改良中だ。まだ実装していない箇所やバグなどもあり改善していかなければならない。しかしこれは、すべてのプラットフォームに共通のコーデックを使用する第一歩であり、3.1の正式リリースに向けて改善されていくだろう」

 オープンソースブラウザであるFirefoxの正式版としては最新のものとなる「Firefox 3」は6月17日にリリースされ、リリース後わずか24時間で800万件以上のダウンロードを記録して、世界記録を樹立した。
タグ:HTML5
posted by media_aidem at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。