2008年05月23日

GoogleとMS Yahooをめぐる攻防

 Googleの共同創設者であるLarry Page氏は、独立企業であり続けるために奮闘している米Yahooに敬意を表しつつも、依然として広告分野で、両社が提携するチャンスは残っていると述べた。

 ワシントンDCで米国時間5月22日に開催されたイベントにおいて、Page氏は、両社の提携が、独占禁止法に違反することなく、Yahooが独立企業として存在する上でのサポートを提供するものとなると強調している。Page氏は、Googleが広告市場において大きなシェアを持っていると認めたが、「合理的にYahooと提携するために、複数の方法が存在する」と語った。一方で、Page氏は、その他の選択肢に関しては、Yahooにとって最善ではないとも付け加えた。

 「Yahooは、独立企業としての存在を維持したいと願っている。われわれはその希望を支援する。だが、Yahooが窮状に陥っているのも確かである」と、Page氏は述べている。

 GoogleとYahooは、オンライン広告分野の提携に向け、交渉とテストを進めてきた。この交渉の一環で、Googleは、Yahooの検索結果の横にテキスト広告を供給することになる。すでに両社は、2週間に及ぶ限定的なテストを実施し、その結果にも満足の意を示していた。しかしながら、両社の提携発表は、独占禁止法違反への懸念から、これまで延期されてきた。

 一方、Yahooは、競合するMicrosoftからの最初の買収提案を何とかかわしたものの、今度はMicrosoftは、Yahooを部分的に買収する方針を検討するようになっている。同時に、Yahooは、Microsoftからの買収提案を受け入れるべきだったと強く主張する、物言う株主のCarl Icahn氏からの圧力にも対処を余儀なくされている。

 Googleは、Yahooを買収しようとするMicrosoftの案には、最初から反対だった。Page氏は、MicrosoftとYahoo の合併が、市場を圧倒的なシェアで支配するものとなり、その結果として、革新性が失われ、新製品やサービスの開発スピードが鈍ると主張してきた。

 「特に(Microsoftのような)過去に悪い実績もある企業が、市場の90%も支配するような状況を決して許してはならない」と、Page氏は語っている。

 Page氏は、インスタントメッセージング(IM)を例に挙げてみせた。異なる電子メールプロバイダーからのメッセージの送受信を可能にする電子メールと違って、Page氏は、IMが現在も閉じられた世界であると指摘する(Microsoftの「Live Messenger」は、確かに「Yahoo Messenger」との相互運用性を実現してはいるものの、Jabberのようなオープンなプロトコルが用いられているわけではない)。

 Page氏は「これは何ともばかげた方針だと感じる。それでは競争が促進されることはない。良い製品を求めるならば、ある程度のオープン性も必要とされる」と述べた。


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20373804,00.htm?ref=rss

市場シェアをほぼ手中にし、OSやMS-Officeなどパッケージソフトを高額で販売して大きくなったMicrosoft。提供するサービスは優良ではなく有料で、今さら無料サービスから収益をあげるビジネスモデルには転換できないでしょうな。だからとった選択がYahooの買収。


なんともわかりすぎる動きであります。
かつて巨人といわれたIBM。パソコン部門からは撤退しましたが、まだまだ市場シェアでは頭ひとつ抜け出た存在。それでもやっぱり「ビッグブルー」なのです。


買収を繰り返して肥大化していくのはもうやめて、MicrosoftにもIBMのような路線をとってほしいと感じています。
posted by media_aidem at 09:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2008年05月22日

次期Firefoxのリリースは6月中!

 オープンソースウェブブラウザ「Firefox」のメジャーアップデートを心待ちにしている愛好家は、おそらく6月中に「Firefox 3」最終版の入手を期待できそうだ。

 Mozillaのエンジニアリング担当バイスプレジデントMike Schroepfer氏は、米国時間5月21日に行われたインタビューで、「6月中には最終版を出荷できるように最善を尽くしている」と語った。10年以上前にAOLからのスピンオフで誕生したMozillaは、Firefoxの開発プログラミングプロジェクトを監督している。

 Firefoxの強みの1つに、何百もの幅広いアドオンのコレクションが挙げられるものの、各プログラマーが手がけるプロジェクトを、 Firefox 3との互換性を持たせるべく更新することが関係してくるため、アップデートには多くの時間がかかることにもなる。それゆえにMozillaは、数日前にリリースされたばかりのFirefox 3のリリース候補第1版(Release Candidate 1:RC1)をインストールした150万人のユーザーからの、フィードバックを受け取るのを、真剣に見守っているところでもある。

 Schroepfer氏は「現在われわれは、アドオンの更新が行われるのを待っている段階にいる。フィードバックを集めるために、しばらくはリリース候補版の発表を続けたい」と述べている。

 さらなるリリース候補版が発表される可能性もあることを、Schroepfer氏は明らかにしている。「Firefox 2」では、3度にわたってリリース候補版の発表が行われた。Schroepfer氏は「以前よりも順調に進んできてはいるものの、急ぐ必要はない」と語った。

 リリース候補版は、Windows、Mac OS X、Linux向けダウンロードが用意されている。リリース候補版の試用を検討しているならば、まず最初にリリースノートに目を通し、とりわけトラブルを引き起こしかねない既知の問題について把握しておくようにお勧めする。

 Mozillaの立ち上げには何年もかかったものの、Firefoxは、その最大のライバルとなるMicrosoftのInternet Explorer(IE)から、かなりの市場シェアを奪ってきた。まだIEが市場を支配していることに変わりないのだが、Firefoxは、次のような分野で、ブラウザ戦争に再び火をつける役割も果たすこととなった。今ではMicrosoftは、IEの開発へ、より多くのリソースを注ぎ込むようになっている。Appleは、Windows対応のSafariを投入してきた。さらに、AppleとGoogleは、オープンソースの「Webkit」ブラウザエンジンプロジェクトに注力するようになった。

 インターネットが、よりリッチでインタラクティブなウェブ2.0のページへと移行し始めるにつれて、ブラウザの重要度も増してきた。それが理由で、パフォーマンスも懸案事項となってきた。例えばブラウザ上では、オフィスアプリケーションの「Google Docs」や、オンライン写真編集ツールの「Picnik」など、多大のパワーを要求するサイトの利用時に、膨大なJavaScriptコードが実行される必要がある。

 Mozilla Foundationは、長年に及ぶ成長を遂げてきた。現在では、ウェブブラウザを取り扱うMozilla Corporation、メールクライアントの「Thunderbird」を取り扱うMozilla Messagingという、2つの子会社が設立されるに至っている。

 Schroepfer氏は、市場シェア統計と、アップデートのためにMozillaサーバをチェックするFirefoxブラウザの実数に基づいて、現在のFirefoxユーザー数は、約1億7500万人に上ると見積もっていることを明らかにした。

 Firefoxは、2月にはダウンロード件数が5億の大台を突破し、現在のダウンロード総数は、5億5600万回以上に達している。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20373707,00.htm?ref=rss

次期FirefoxであるFirefox3の正式リリースが間近となりました。
Firefox2にアップデートしたのも、利用しているアドオンの対応の関係でかなり遅れてから行った記憶があります。楽しみではあるけれど、導入は慎重にというのが筆者のタイプ。今回もしばらくは様子をみるつもりです。


厳選!今日のITニュースに掲載した過去記事を見直してみると、Firefox 3 Beta 5がリリースされたのが4月の初頭でしたので、約2ヶ月で正式版がお目見えすることになります。もっともBeta 5なんてかなり念入りにテストを繰り返している様子が伝わってきますね。IEだったら、とうの昔にリリースして、ニュースで叩かれてる頃じゃないでしょうか。

ウェブブラウザのシェア
張り付けたサムネイルは今月のとあるウェブサイトのアクセス解析データです。内容的に偏っているためか、最近シェアを伸ばしているのかMacユーザがSafariを利用して大挙して訪れているという結果になっております。


オープンソースでマルチプラットフォームなのだから、Firefoxの位置はもっと上でもいいような気がするのですが、こんなモノなのでしょうかねぇ。Firefox3のリリースで構成比が変わる程激増することを期待しましょう。
posted by media_aidem at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2008年05月21日

Psystar ”OpenMac”のアップデート

 以前、AppleのMac OS XがプレインストールされたApple未承諾のデスクトップPC「Psystar Open Computer」のレビューを発表した。その中で、われわれはPsystarが今後発生する恐れのあるApple製品との非互換性に対処するための一連のソフトウェアアップデートを発表する予定だと報じた。そしてInformation Weekが報じた通り、それらのアップデートはすでに存在し、Psystarのウェブサイト上でダウンロード可能だ。

 それらのアップデートの中には、iLifeの安定性を向上させるための修正プログラム、iTunesのアップデート、Open ComputerのCD、DVDドライブをMacBook Airと共有するパッチなどが含まれている。これらはすべてPsystarのウェブサイトから直接ダウンロード可能だ。またPsystarは、これらのアップデートがプレインストールされたまったく新しいOS XベースのOpen Computerを出荷するという。

 Open Computerの購入者は、Psystarが依然としてOpen Computerの改善に取り組んでいると知って喜んでいることだろう。たしかにOpen Computerは、価格が1000ドル未満の他のApple製システム(基本的にMac miniのみ)と比較し、コストパフォーマンスに優れている。しかし、誤ったソフトウェアアップデートが原因でPC自体が機能性を失ったり、あるいは、 Apple製アクセサリとの互換性が失われるなどの危険が常につきまとう。しかし一方で、Open Computerは、より手頃な価格のOS Xベースシステムを求めるハイテクに精通した愛好家にとっては、かなり魅力ある製品であることは間違いないだろう。


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20373645,00.htm?ref=rss

独占されていたハードウエアを解放するという狙いというOpen Computer。Windowsを毛嫌いしてよりオープンな方へとオープンソースを基礎としたLinuxに移行しておきながら、やっぱり筆者も根っこは”マカ”。Appleが認めていないのにMacOSを勝手に模倣したOpen Computerにかなり神経質になっています。


Web2.0が浸透していくと、ほとんどの操作がウェブブラウザを介してできるようになるからOSというかプラットフォームはあまり意味をなさなくなるなんていいますが、実際そのような環境に推移しつつも、まだMacだWindowsだと言い合っているのが現状。


片やブランドとして確立しつつあるAppleのMac。ライセンスを無視して宣戦布告して見せたPsystar。Macの価格に将来的なアップデートも含まれてると考えるならまちがいなくMacを購入するでしょうけれど、とりあえずLinuxやWindowsも単独で走らせられるならPsystarのOpen Computerも悪くもないのかも・・・。もうちょっと様子をみていたいと思います。
タグ:Open Computer
posted by media_aidem at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。