2008年04月25日

インターネットは規制されちゃうの?

 フィルタリングシステムを開発、提供するネットスターと、ヤフーは4月24日、子どもたちのインターネット利用について考える研究会を開始することを発表した。青少年がインターネットを通じて犯罪の被害者や加害者になることが問題視されている中、インターネットを安全、安心に利用できる環境をつくるのが狙いだ。

 研究会では子どもたちのインターネット利用について、広く調査、検討する。第1弾として、5月から約半年間、ウェブサイト運営事業者の協力を得て、利用者のリテラシーレベルに配慮した双方向利用型サイトの運営実態について調査する。

 研究会の成果は、ネットスターおよびヤフーが提供するフィルタリングサービスに反映していくほか、保護者やサイト運営者などにも公開する。また、インターネットコンテンツの格付け基準「SafetyOnline」を検討するレイティング/フィルタリング連絡協議会研究会などへの情報提供も、視野に入れている。

 研究会の構成員は、品川女子学院校長の漆紫穂子氏、お茶の水女子大学大学院教授でメディア心理学、社会心理学、教育工学を専門とする坂元章氏、浜松大学健康プロデュース学部こども健康学科講師で、子どもメディア学、児童文化学、情報倫理学などを専門とする七海陽氏など。

 また、調査に協力するサイト運営事業者としては、コミュニティサイトのサポートなどを請け負うイー・ガーディアン、子ども向けのコミュニティサイト「サークルリンク」を運営するバンダイネットワークスなどがある。

 ネットスターはフィルタリングエンジンの開発、提供をしている企業。現在、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコムの4社は、ネットスターの提供するサイトリストを利用して、フィルタリングサービスを提供している。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20372162,00.htm?ref=rss

千葉県柏市でプロフの書き込みが元とかで未成年者がバットで中学生を殴っちゃった事件がありました。遠隔地も含めたコミュニケーションがこれほどとりやすいものはないと思われるインターネットなのに完全に使いかたを吐き違えていますよね。


この記事の試みがどういった結果になるのか、どのような方向へと進んでいくのかしばし見守ろうと思います。
posted by media_aidem at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2008年04月24日

Fedora 9 プレビュー版がリリース

 Red Hatは、無料のLinuxディストリビューションの次期バージョンFedora 9の「プレビュー版」を公開した。このあと5月に予定されている正式版まで、公開リリースの予定はない。

 Fedora Projectによると、当初来週に予定されていたFedora 9正式版のリリースは2週間延期され5月13日になった。

 Fedora 9での主な強化点は、Xenハイパーバイザーの改良、新しいファイルシステムのサポート、FirefoxブラウザとKDEデスクトップ環境の新バージョンへの改訂。

 同社のJesse Keating氏は、このリリースを発表した文章の中で「これは重要なリリースだ。Fedoraコミュニティには、試用してバグを報告してもらいたい」と述べている。

 プレビュー版は現在BitTorrentでダウンロード提供中だが、今週中にはHTTPでも直接ダウンロードできるようになる予定。形式はライブイメージ(インストールせずにディスクから起動可能)と標準のCD/DVDインストーラの2種。

 正式版では、さきごろリリースされたLinux 2.6.25カーネルを搭載する予定。5月1日にリリース候補の配布を予定しているが、これは主として少数のテスター向けだ。

 主な強化点は、Xen仮想化ハイパーバイザーの改良、ext4ファイルシステムと暗号化ファイルシステムのサポート、Firefox 3とKDE 4.0へのアップグレード。

 同社は、3月に、エンタープライズおよびデスクトップ向けLinux製品の新たなベータ版をリリースした。仮想化とクラスタリング機能が改良され、サーバファームで使用されるプラットフォームとしてさらなる安定化が図られた。

 そのRed Hat Enterprise Linux(RHEL)5.2ベータでは、コア仮想化ハイパーバイザーXenがXen 3.1.2にアップグレード、プロセッサはシステム当たり64、メモリはサーバー当たり512Gバイトまでサポートされた。また、Numa (nonuniform memory access)インターフェースも改良された。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20371990,00.htm?ref=rss

方向転換を発表したレッド・ハットですが、そのレッド・ハットから時期バージョンFedora 9プレビュー版のアナウンスがありました。


Xen仮想化ハイパーバイザー・Firefox 3・KDE 4.0・・・カーネルも最新ならその上で稼働アプリケーション群も最新&近未来のようですね。Fedora8では、「ユーザー独自のディストリビューションを簡単に作れる」のがウリでした。Linuxの多様化を感じたのを覚えています。


Fedora 9のコンセプトは何でしょう?
先日発表のあったデスクトップソフトウェア部門の方向転換も絡んでくるのかと思うと、ちょっと暗雲たち込めてしまう気もしますが、Fedora 9の正式リリースを待ちましょう。
タグ:Fedora Red Hat
posted by media_aidem at 11:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2008年04月22日

自社基準かそれとも国際標準か Microsoftの方向性

 Microsoft Office 2007の最新版で作成されたWord文書が、国際標準化機構(International Organization for Standardization:ISO)が現在開発中のOffice Open XML標準に準拠していないことが、ある文書標準の専門家が行ったテストから明らかになった。

 ISOでOffice Open XML(OOXML)標準の保守を担当するグループのリーダーを務めるAlex Brown氏は、先週行ったブログ投稿の中で、Microsoft Office 2007で作成された文書がISO OOXMLドラフト標準の最新仕様に準拠していないことを明らかにした。

 Brown氏は、ISO/IEC 29500標準に定義されている「厳格」かつ「暫定的な」スキーマに対する文書テストのプロセスを詳述したブログ投稿の中で「Microsoft Office 2007の最新版で作成されたWord文書はISO/IEC 29500に準拠していない」と述べている。

 Microsoft Office 2007は、ファイルをXMLベースのフォーマットであるOOXMLで保存する。OOXMLは、業界団体Ecmaが標準化を目指してISOに提出した。 ISOが4月はじめに行った採決でOOXMLは僅差でドラフト国際標準として承認されたため、現在、OOXMLはISOの管理下にある。

 しかし、ISOの投票解決会議(BRM)でOOXMLにいくつかの変更が加えられたため、Office 2007で作成された文書はもはやOOXMLをベースにした現在の標準「ISO/IEC 29500」には準拠していない、とBrown氏は指摘する。

 Brown氏は18日にZDNet UKに送付したメッセージの中で、Office製品がISOが承認したOOXMLのバージョンに準拠するように、Microsoftが同製品をアップデートすることを希望するが、実現する保証はないと述べている。

 「現在のOOXMLをめぐる多くの議論の最大の問題点は、果たしてMicrosoftは本当に(準拠に向けて)行動するのかということだろう。それはいずれ分かることだ」(Brown氏)

 XMLを発明したTim Bray氏など、多くの業界関係者は、OOXML標準はISOの中で発展している標準なので、Microsoftがわざわざ同標準への準拠を維持する可能性は低いとしているが、Brown氏はより楽観的だ。

 Brown氏は、「MicrosoftがOffice XMLファイルフォーマットの変更に同社の各種Service Packで対処可能であることはすでに証明済みだ。その点を考慮し、私はMicrosoft Officeが間もなく(ISO/IEC)29500標準に準拠し、その後も準拠を維持することを期待している」とし、さらに「確かに、29500を ISO/IEC標準として承認する大きなモチベーションとなったのは、Microsoftが将来、今回のように標準への準拠を突然打ち切るのを阻止することにあった」と付け加えた。

 Brown氏はさらに、標準コミュニティ内の良き市民となることは、商売上大きなメリットがあることをMicrosoftも認識しているだろう、と付け加えた。

 「OOXMLを国際的に情報が開示された標準とすべく積極的に活動することは、デスクトップオフィス分野で同社が握っている膨大なシェアの維持に役立つ。というのは、そのような活動を行うことにより、Officeが、ベンダーがコントローするプロプライエタリなフォーマットに準拠しているとの批判が払拭されるからだ」(Brown氏)

 Brown氏は将来、再度テストを実施し、Microsoft Officeに代わるオープンソースのオフィス製品であるOpenOfficeが、文書標準OpenDocument Format(ODF)のOpen Source Initiative(OSI)版であるISO/IEC 26300に準拠しているか否かを確認したいと考えている。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20371901,00.htm?ref=rss

ODFについて調べていくと、前提条件として「オフィスソフトで作成したデータ」であることとあり、おまけにOpenOffice.orgが採用してきたファイル形式を拡張したものであるとあります(参考IT用語辞典バイナリ)。


この時点でOffice Open XML標準というワクはさらに狭くなるんですね。
おおもとがOpenOffice.orgとなると、はなからMicrosoftは不利という気がしますが。先にオープンソースであるOpenOfficeが国際標準となってしまったのですから、しかたないことですか。


圧倒的な業界シェアを盾にゴリ押しで通すのか、それとも国際標準に準拠させるのか、専門家は楽観的に構えているようですが果たして。


タグ:ODF OOXML ISO
posted by media_aidem at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。