2011年11月23日

Chromebookが299ドルに値下げ

2年落ちのFMV-BIBLOに載っていたVistaをXPにダウングレードし、レジストリーをいじって”シンプル&極限まで軽く”して使い始めました。CPUはすでに型落ちとなったCore2 Duoですが、起動も速く軽快に動くので気に入っておりましたが・・・元記事で紹介されているChromebookの動画を観て、ちょっと悲しくなってしまいました。

日本からの入手は出来ないと知りつつ、やっぱり気になったので試しに日本円に換算してみると、23,000円前後・・・よけい悲しくなってしまった勤労感謝の日の午後でありました。


Google、Chromebookを299ドルに値下げ 新色モデルも投入

 米Googleは11月21日(現地時間)、ホリデーシーズンを前に米国で販売しているChrombookを値下げすると発表した。例えば台湾Acerの349.99ドルのChromebookが、米Amazonでは299.99ドルで購入できる。韓国Samsung製端末も値下げする。

 また、Samsungが米国でSamsung Chromebook Series 5のWi-Fi版の黒モデルを発売する。これで白、チタンシルバーと合わせて3色になる。

 Googleは値下げとともに、Chromebookのユーザーインタフェースのアップデートも発表した。電源を入れると表示されるログイン画面がシンプルになり、「新しいタブ」にファイルマネジャー、音楽アプリ、ゲームが表示されるようになった。
タグ:Chromebook
posted by media_aidem at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2011年11月11日

無料ブログの怖いところ

手軽にはじめられるのが特徴の無料ブログサービス。
調子よく更新しているところに”サービス終了”なんて連絡が来たりすると、かなりブルーになりますね。

幸いpixivブログさんはバックアップツールをユーザのために用意している様子。
内容を見てみるとLivedoorブログ以外のサービスへ引越す場合はテキストデータしか移行できず、引越し先がLivedoorブログの場合もちょっとややこしそうです。引越し手順の書かれたPDFが公開されてましたが、ざっと読んだ限りある程度のスキルがないとちょっと辛そうです。

利用している無料サービスから届くアナウンスには敏感に対応できるようにしておいたほうがよさそうですね。
ちなみに無料でPOPメールが使える某サービス。
この8月いっぱいでサービス終了とアナウンスしておきながら、つい数日前までメールが届いておりました。ここにきてようやく止まったようですが・・・。


「pixivブログ」がサービス終了

 ピクシブは11月10日、ブログサービス「pixivブログ」を来年2月29日に終了すると発表した。

 pixivのIDとパスワードで利用できるユーザー向けブログサービスとして2009年4月にスタート。livedoor Blogのシステムを利用していた。

 10日で新規開設の受け付けを停止。2012年2月29日でサービスを終了し、データも削除される。

 サービス終了に伴い、pixivブログから他社ブログへ引越しができるように、データバックアップツールを提供する。pixivブログ管理画面内から利用できる。
posted by media_aidem at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2011年11月02日

えっ?Linuxはマルウェアなの?

簡単に書いてしまうと、Windows 8のロゴシールを貼ったマシンにはLinuxはインストールできなくなりますよというお話のようです。
20111102_marketshare.png
パーツを選んで自分で組み上げる、いわゆる自作パソコンなら問題ないのでしょうか?
OSに限らず、Windows環境で使いやすくて長年お世話になっているたくさんのフリーウェアはどうなるのでしょう?


サムネイルをクリックして拡大して見てください。
今年8月現在のOSのシェアをグラフ化したものです。目の敵にされている感があるLinuxのシェアはわずか1%ですね。なんでこんなに目の敵にするんだろ・・・というのが筆者のホンネであります。


Windowsはなくなってもいっこうに不自由しませんが、Linuxが使えなくなるのは非常に困る。支配者気取りで、また強権発動したMicroSoftの”悪法”なんとかなりませんかね。
今後の動向に注目していきたいと思います。


Windows 8のセキュアブートはLinux外し!? Red HatとCanonicalが共同声明

エンタープライズとコンシューマの両面において,ともにLinux業界を牽引する2大ベンダではあるが,基盤にしているビジネスの方向性が大きく違うこともあり,Red HatとCanonicalが提携して一緒に何かをやったという話はほとんど聞いたことがない。

そんな両社がめずらしく,手に手を取って10月28日に共同声明(ホワイトペーパー)を出した。タイトルは「UEFI Secure Boot Impact」,MicrosoftがWindows 8で実現しようとしているセキュアブート機能への警鐘だ。両社にさきがけてLinux Foundationも同様のアナウンスを発表している。Linux業界が一体となって強い抵抗姿勢を示しているセキュアブートとはいかなる機能なのだろうか。

Microsoftは9月,米国で開催された技術カンファレンス「Build」において次期OSとなる「Windows 8」の仕様を発表した。ここで同社は,OS起動時のセキュリティを向上させるため,"正しい鍵で署名されているOS"以外は起動を許さないというセキュアブート機能について触れている。

Windows 8で実現しようとしているセキュアブート機能は,従来の16ビットのBIOSに取って代わる存在と言われているファームウェア「UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)」の最新バージョン(v2.3.1)で定義されているセキュアブート機能を強化するものと位置づけられている。MicrosoftはWindows 8のプリインストールマシン,つまり“Windows 8のロゴシールを貼ったマシン”においては,デフォルトでセキュアブートをONにしておくことをハードウェアベンダに求めていく姿勢を明らかにしている。(後略)
posted by media_aidem at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。