2008年03月14日

MicroSoft + Yahoo そんなに脅威ですか?

 MicrosoftとYahooは、両社の合併をめぐり非公式に協議している。これまで両社の間に存在した「沈黙」からの大きな転換だ。今回の協議について知る情報筋が明らかにした。

 Microsoftが米国時間2月1日、Yahooに対して1株あたり31ドルで買収を提案した時と比べ、事態はここ2週間で大きく様変わりした。

 同情報筋は3月12日、「Yahooはいくらか話し合いに応じる姿勢を見せている」と語った。この情報筋によると、Microsoftは、Yahooから公式に買収提案拒否の通知を受ける可能性は低いとの結論に達したという。

 この情報筋は、今回の非公式協議が合意に結び付くかどうかについては不透明だとしている。

 Associated Pressは、Microsoft最高経営責任者(CEO)のSteve Ballmer氏が数週間前、CeBITの場で「買収提案について両社間で何度か話し合っている」と発言したと報じたが、最近の動きは、同氏の発言を裏付けるものだ。

 しかし、MicrosoftのYahoo買収に向けた取り組みについて知る別の情報筋は13日、話し合いが実質的なレベルにまで進展していれば、Microsoftは協議の内容を公開したはずだ、と指摘する。

 Yahooは先週、買収に反対の立場を取る取締役の選任を目指し、Microsoftを含む投資家による役員選出期限を延長すると発表した。さまざまな選択肢を検討する一方でMicrosoftとの委任状争奪戦を回避するのが狙いだ。

 10日には、Yahooに救いの手を差し伸べるのではと見られていたNews Corp.が、MicrosoftとのYahoo争奪戦に加わることに関心は無いとする意向を表明した。そして、11日には、Time Warnerの最高経営責任者(CEO)が、AOLを強化するためあらゆる選択肢について検討すると明言し、AOLとYahooが提携する可能性について、排除しない姿勢を示した。しかし、AOLは13日、ソーシャルネットワーキングサイトのBeboを現金8億5000万ドルで買収。Beboの買収は、必ずしもAOLがYahooに対する興味を失ったことを意味しないが、Beboに続き企業を買収する資金力はTime Warnerにはない。

 MicrosoftとYahooいずれの関係者もコメントを拒否している。

 Microsoftは、委任状争奪戦、株式公開買い付け、あるいはその両方を駆使していつでも敵対的になることができる。MicrosoftとYahooの観測筋にとって、しばらく目が離せない状況が続きそうだ。

 この情報筋によると、Microsoftの内部では、協議を打ち切るタイミングを設定してないという。

 同情報筋は次のように語った。「当然Microsoftには協議の進展についていら立ちがある、しかし、これは短距離走ではない、マラソンなのだ」


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20369404,00.htm?ref=rss

YahooはMicrosoftからの買収提案を蹴ったのではなく、大方の予想通りYahooというブランドに対して評価が低かったから一度蹴ったのでしょうか。値を吊り上げるために・・・。


もし事実なら、なんだかがっかりです。
MicroSoft + Yahoo 、シェアから考えれば脅威ではあります。でもひとつ前の記事でご紹介した”Google Sky”みました?Googleは明らかに別の方向をみてますよね。


「圧倒的なシェア」とか「数で勝負」なんてもう流行らないのに。
筆者は主にLinuxを使っています。検索にはGoogleです。既に完全にMicrosoftの呪縛の外にいるんです。いろんな意味でいごごちいいですよ。
posted by media_aidem at 17:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

星空をウェブブラウザで GoogleSky登場!

 Googleは米国時間3月13日、ブラウザ版の「Google Sky」を発表した。「Google Earth」のダウンロードを希望しないユーザーは、このブラウザ版を利用することが可能になる。

 ブラウザ版では、拡大や縮小、惑星や銀河の検索ができる。また、赤外線、紫外線、X線、マイクロ波の画像で天体を見ることができる。

 ハッブル望遠鏡などから得られた素晴らしい画像のギャラリーもある。また、ポッドキャストを聞いたり、宇宙の歴史地図を見たりができる。

 このアプリケーションの裏話としては、開発がスタッフエンジニアに加えて、ブエノスアイレス出身のDiego Gavinowich氏によって行われた点がある。同氏は、Googleが開催したLatin America Code Jamの決勝出場者で、過去3カ月を同社のインターンとして過ごした、とGoogle Blogには書かれている。

 数週前、Microsoftは、同社の仮想望遠鏡ソフトウェア「Worldwide Telescope」をデモしている。このソフトウェアは、この春に無償で提供される予定だ。

 Googleは2月に、Google Skyのアイデアは自分のものだと主張する元契約社員から訴えられている。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20369393,00.htm?ref=rss

GoogleSky
以前ダウンロードしたGoogle Earthにも驚かされましたが、今度はなんとウェブブラウザで星空が見られるとは・・・。


インターフェースはGoogle Mapと同じなんですね。
どこをどう動いてみればいいのかわからず、”比較的ご近所”の太陽系から出られずにいます(^^;)


筆者が貼り付けたサムネイルでは省略しちゃっておりますが、左上には定番の検索窓がついています。何をググればいいんでしょうね。公開直後だからなのかは不明ですが、現在Google Skyのページはかなりつながりにくくなっている模様。あなたはつなげることができましたか?
タグ:Google Sky
posted by media_aidem at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2008年03月12日

メッセージラボ インテリジェンス月次報告書より

 メッセージラボ ジャパンは3月11日、メッセージラボ インテリジェンス月次報告書「2008 年2月号」の結果を発表した。スパムの分析によると、全スパム中4.6%の発信元がウェブメール・サービスであり、Gmail発のスパムの割合が1月の 1.3%から倍増して2.6%になったことが明らかになっている。

 Gmailを発信元とするスパムは、主としてアダルト関連のウェブサイトを宣伝する内容であった。なお、ウェブメール・サービスに最も悪用されているのはYahoo!メールで、全てのウェブメール・スパムのうち88.7%を占めていた。メッセージラボによると、Gmailからのスパムの増加は、スパマーが使用するツールを無効にするCAPTCHAがGoogleでも破られた可能性が高いとしている。

 2月はまた、ターゲット型トロイの木馬の攻撃が1日約30件に増加した。これは、2007年末から200%程度の増加となっている。これらの攻撃は、1回にごく限られた相手をターゲットにするため、セキュリティ業界のレーダーに捕捉されにくくなっているという。2月の具体的な事例では、最大900 のトロイの木馬が関わった攻撃がみられ、主に世界中の実在するシニア・エクゼクティブをターゲットにし、機能を奪ったウェブサイトや悪意あるダウンロードなどによって攻撃を仕掛けた。

 多くの企業はターゲット型トロイの木馬に対し、あらかじめ承認されたウェブサイトのみアクセスを許可するという手法をとっている。これによりブロックするウェブサイトの数は、前月比12.9%増と大幅に増加した。この手法はフィッシング、スパム、トロイの木馬、詐欺的活動にしばしば用いられる、 24時間から48時間で出現・消滅するウェブサイトに特に有効であり、実際にウェブベースのウイルスの62.2%、全スパイウェア、アドウェアの 82.5%が、こうしたウェブサイトによるものだという。

 ストーム・ボットネットは、2月においてもスパム送信の大きな勢力であった。今回、男性器増大薬VXPLを宣伝するスパムの送信にストームが初めて使用され、同様に、この時季は禁煙を試みる人が増加することからニコチン・パッチに関わるスパムも初めて見受けられた。それと同時に、コンピューターを破壊するストームの活動も増加し、悪意あるサイトにリンクする今月のメール・マルウェアの96%以上を占めた。


http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20369183,00.htm

迷惑メール
気になったのでスパムの送信元をいくつか見てみたら、どれもYahooからでした。
今は契約しているプロバイダーサイドでフィルタリングサービスを用意しているのが現状。万一受信ボックスまで届いてもほとんど迷惑メールとして読まずに捨ててしまう人が多いだろうから、トラフィックが高くなっちゃうことだけが悩みのタネなのかもしれませんね。


数日前にも書いたのですが、GMailを始めGoogle提供のサービスには多大な恩恵を受けています。ただの迷惑行為なのだから、GMailの価値を下げるようなことは本当に止めてほしいです。
タグ:スパム
posted by media_aidem at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。